ゴルフ 初心者

ゴルフの初心者の壁をぶち壊そう!

ゴルフの初心者の壁をぶち壊そう!

方向性を正確にする方法

 

ゴルフの初心者の壁をぶち壊そう!

 

「どうもボールが右や左へ曲がる」とか「狙った方向にボールが出ていかない」という悩みを持つ人はまずフェース面の向きを再チェックしてみることだ。
アドレスしたときにフェース面が右や左を向いていては、狙った方向にボールは飛び出していかないし、スライスやフックも出やすくなってしまう。

 

最近のドライバーは分厚いし、他のクラブに比べてロフトも少ないので、なかなか正しくスクエアにセットしにくいかもしれないが、フェース面の一番下のライン(リーディングエッジ)を目標にしっかりと合わせることが重要だ。

 

また、足のライン、膝のライン、腰のライン、肩のラインといった体各部のラインをボールと目標を結んだ飛球線と並行にしっかりとセットすることも忘れないことだ。
特に、肩のラインは右や左を向きやすいので要注意だ。

 

ゴルフ初心者の場合、方向性を正確にするだけで大きくスコアが上昇することだろう。
初心者は練習の際にも、今回述べた方向性を正確にする方法を基に練習をおこなってほしい。

ボール位置とティアップの高さ

 

ゴルフの初心者の壁をぶち壊そう!

 

ドライバーショットの際のボール位置は、前述したように左わきの前にセットする。一昔間瀬までは、左足カカト線上と言われていたが、それはスタンス幅を肩幅にした場合。それよりも広めにとるのが主流になってきた今は、左わきの前を基準にする。
ボールに一番パワーを伝えられるのが左わきの前だからだ。
これよりも外や内にボールを置くとミスもでやすくなるのでしっかりとチェックしたい。

 

ティアップの高さも弾道や飛距離に大きく影響してくるので、より注意を払うことが肝心だ。特に最近のドライバーヘッドは分厚い物が多いので、ちょっとした違いで飛距離が変わってきてしまう。
一般的には、ティアップしてクラブヘッドをセットした時に、ボールが半分以上でる高さがいいといわれる。高弾道、低スピンで飛ばすように最近のドライバーは作られているので、弾道が低めの人は高めのティアップにしてみるといいだろう。

 

ゴルフの初心者では、これは本当に重要だ。
左わきの前からちょっとずれた位置にボールを置くだけでも、ミスに大きく関係してくる。
初心者には特に気を付けてもらいたい。

 

体重配分とスエー防止法

 

ゴルフの初心者の壁をぶち壊そう!

 

広めのスタンス幅と蟹股上の両膝で下半身の安定を図ったが、では両足のウエート配分はどうしたらいいだろうか?

 

アドレスでの両足の体重は、自然に立っているときの状態、つまり、左右5分5分がいいだろう。
ただしドライバーショットはティアップされたままボールを打つために下から上へのアッパーブローになるので、やや右足に多くウエートをかけておいてもいい。
特に、テークバックで左肩の回転が十分にできないという人は、やや右足ウエートにしておくと左肩が回り易くなっている。
逆の左右ウエートは、ドライバーショットでは絶対に禁物。

 

スイングアークが小さくなるし、上から下へのダウンブローになりやすいので、種々のミスも出やすく、うまくボールをヒットできても飛距離が出なくなってしまう。

 

左右均等かやや右足ウエートで構えたら、ボールの右側上部を右斜め上から見るようにする。これは次のページで説明するが、ティアップされたボールを左わきの前にセットするためにこうなるのだ。

 

この時の頭の入りをインパクト後までキープできれば、スイング軸が左右にぶれることもなくなる。
アドレスで蟹股状態にした両膝をその位置に保つこととともにスイング軸をキープ出来れば、左右のスエーは防げ、ジャストミートの確率はぐんとアップしてくる。

 

初心者の場合、体重配分があまりできていないばあいが多いだろう。
ゴルフ初心者が特に気を付けるべき点である。

安定した下半身を作る

 

ゴルフの初心者の壁をぶち壊そう!

 

ゴルフスイングの中では、ドライバーを握った時の動きが一番大きなものになる。
それだけにどうしても、身体が前後、左右、上下に崩れやすくなってしまいやすい。

 

身体が前後、左右、上下に崩れてしまっては、とても正確にボールをヒットできなくなってしまうのは自明の理。

 

これをふれぐ意味からも、スイングの土台となる下半身の構えは需要となる。

 

まず、両足を広げる間隔(スタンス幅)だが、一般的には両足の間に両肩がすっぽりと入る肩幅くらいがいいと言われているが、近年の主流はそれよりももう少し広めのスタンス幅をとるトッププロが多い。

 

あまりスタンス幅を広く取りすぎると、上半身の回転が十分に行えなくなるので、テークバックで左肩がアゴの下まで十分に入る範囲内で広めのスタンスをとるようにするといいだろう。

 

そしてもう一つ大切なのが両膝の構え。下半身の安定を図るためにと、両膝を内側にギュッと絞り込んでいる人もいるが、これは逆効果。
これではテークバックでは右に、ダウンスイング以降は左へ膝が流れやすくなってしまう。

 

下半身をどっしりと落ち着いたものにするには、両膝を外に広げた蟹股状態の構えにすることだ。

 

安定した下半身でなれければ、しっかりとしたスイングをすることができない。
初心者の場合、不安定な状態での小さなスイングが目立つ。
出来るだけ安定した下半身を作ることを初心者の間は特に注意してほしい。

ホーム RSS購読